技術情報

AWSってすげーなって思った話

インフラエンジニアとして、物理のサーバもクラウド上のサーバも触っている毎日なのですが、
訳あって最近AWSの勉強をいっぱいしてます。

要は試験勉強してるんですが、AWSのこと調べてるとすげーなって思うことが多々あって、そのことをちょっとだけ。

SPONSORED LINK

スタートは「自社のサービスをよくしたい」

AWSはご存知のとおりAmazon Web Service、つまりはAmazonのサービスなのですが、
このスタートは「自社のインフラ環境をどないかしたい」、というところから始まったものだそう。

AWSが最初に提供し始めたサービスは「Amazon Simple Queue Service(SQS)」。

キューを保存するサービスで、システムAがSQSにキューを投げたら、そのキューをシステムBが取りにきて処理を行っていく。。。というもの。

AWSではざっくりこんな流れでSQSを使っているみたいです。

  1. 注文が来たらその注文をキュー1にいれる
  2. 倉庫がキュー1を読み取り、商品が存在するか確認してその結果をキュー2にいれる
  3. 配送センターがキュー2を読み取り、配送状況を確認して…

SQSが出来る前は自前のプログラムで処理をしていたみたいですが、メモリがどうしてもボトルネックになったみたい。

こんな感じで自社のサービスフローを1つ1つ改善していったのがAWSのサービスなんですね。

フルマネージドサービスの提供

サーバとして使うEC2とか、データベースのRDSとかありますよね。
これってAWSが提供する部分(ハードの部分)は全てAWSの責任範囲になります。
(逆にOS部分は自己責任になります)

今まで物理サーバだと、ハードの部分もOS部分も自己責任だったところが、
OS部分だけ注力すればいいというのはかなりの違いですよね。

更に言うと、「フルマネージドサービス」として提供している「Amazon S3 (スケーラブルなクラウドストレージサービス ) | AWS」や「Amazon CloudFront CDN (コンテンツ配信とストリーミング) | AWS」は、ストレージやCDNに関しては全てAWSの責任範囲になります。(他にもフルマネージドサービスとして提供しているサービスはもちろんあります)
いわば、OSの部分までAWSが担ってくれて、自分はデータを置くことやどのサイトをCDN上に置くのかということだけ考えればOKです。

これってすげーなっていうか、インフラエンジニアいらねーなっていう流れなのが怖いですが、
どういう動きでこうなっているのかってのはインフラエンジニアが得意とするところなので、日々勉強せーよってことか。。

オープンソースもマネージドサービスとして提供する

サービスの元はオープンソースで提供しているものをAWSがちょっと使いやすくカスタマイズしているものがあります。

例えば…

こんな感じですね。

「実体がオープンソースなら自分でやれば無料やん!」って考える方もいるかもしれませんが、
AWSの場合はフルマネージドサービスなので、「サーバのことなどはAWSが全て面倒を見てくれる」です。
オープンソースを乗せたサーバのコストや運用コストは…残念ながら無料じゃない。

こうして勉強していると、他のクラウドと比較しても一歩も二歩も先をいってるなーと感じます。

インフラエンジニアとしては、こうしたサービスの最適解を提供していきたいですね。

おあとがよろしいようで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTRAVELINGをフォローしよう!

関連記事

  1. 技術情報

    「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」に合格したので、その勉強方法を紹介します…

    時代はオンプレミス環境ではなくクラウドになってきましたよね。そんな…

  2. 技術情報

    「AWSの思想」は色々勉強になるので、インフラエンジニアは必読だ

    インフラエンジニアとして外せないのはクラウドですよね。そのクラウド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

撮影した写真

www.flickr.com
  1. 出張

    1ヶ月に約20日は出張に行っている僕が気をつけること。〜モノ編〜
  2. Mac

    注意!WindowsのNTFSフォーマットHDDはMacじゃ使えない!?解消方法…
  3. 飛行機

    関西国際空港でLCCのPeachは第2ターミナル発着!地味に遠いから気を付けまし…
  4. Windows

    マザーボードを交換するとOSが起動しなくなるから注意!その原因と対策をご紹介。
  5. 飛行機

    梅田から関空までわずか1000円!「関空ちかトク切符」を使え!
PAGE TOP