Windows

マザーボードを交換するとOSが起動しなくなるから注意!その原因と対策をご紹介。

Windows7で使用していたマザーボードがネットワークに繋がらなくなったり、USBが反応しなくなってBSODが乱発するようになって、
あまり使い物にならなくなりました。それがキッカケで、マザーボード交換に踏み切りました。
(正確にはCPUもついでに交換)

しかし、マザーボードを変更するとOSが起動しなくなってしまいました!!

実はマザーボードを交換すると、OSが立ち上がらなくなる罠があったのです。
調べると「OSの再インストール」と書かれているサイトも多かったのですが、
OS再インストールなしに復帰させる方法もありましたので、シェアしたいと思います!

※追記:こちらの記事は自作PCをされている方を対象としております。
メーカーPCのOSは、「メーカーPC用のWindowsライセンス」となりますので、もしメーカーPCのマザーボードを変更した場合は、ライセンス違反となります※

SPONSORED LINK

前のマザーボードに繋ぎ直す

まずは前のマザーボードで起動させる必要があります。
もし前のマザーボードが壊れてしまって交換した場合であれば、Linux等をCDブートして行う必要がありそうです。(この方法は割愛)

前のマザーボードに繋ぎ直せば正常に起動するはずです。

mother

レジストリをいじる!

レジストリの値を変更する必要があります。
※念の為バックアップを取得しましょう!

[Windowsキー+R]→「regedit」と入力し、Enter。

regedit1
▲レジストリの編集を起動します

以下のキーに移動します

regedit2
▲HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Aliide.sysへ移動します。

regedit3
▲「start」を右クリック – 修正

regedit4
▲値を「0」に変更(デフォルトは3)

regedit5
▲startの値が0になっていることを確認してください。

下記全てのレジストリに対して、同じく値を「0」に変更してください。

  • Amdide.sys
  • Atapi.sys
  • Ataport.sys
  • Cmdide.sys
  • Intelide.sys
  • Msahci.sys
  • Pciide.sys
  • Pciidex.sys
  • Viaide.sys

これでOKです!
再度新しいマザーボードに繋ぎ直して起動してみると、正常に起動するはずです!

windows

原因は?

では、何故マザーボードを繋ぎ直すとOSが起動しなくなったのでしょうか。

マザーボードを変えると、チップセットが変わります。

チップセットとは、簡単にいうとこういうことです。

マザーボードに接続されている機器(CPU、メモリ、グラフィックボード、LAN)のデータの受け渡しを管理しているところです。

via:チップセットの基礎知識 パソコン初心者講座

ということは、「前のマザーボード」でWindowsを起動するためのHDDへアクセスしていた部分(IDEコントローラ)がマザーボードを新しくすることで変わってしまいます。

すると、HDDには「前のマザーボード」でアクセスされるように最適化されていたのに、それが変わったためにアクセスできなくなって起動しなくなったということなのです。

今回変更したレジストリは、「新しいマザーボードでもIDEコントローラを有効にする」という処理です。
普段は、必要のないものはオフにするようになっている(値が3)ものを有効にしました。

1つ注意点として、こんなこともあるようです。僕のPCでは遅延は感じませんでしたが…

ただ、そもそも「Windows Vista のインストール処理では、使用されていないすべてのストレージ ドライバが無効にされ」ているのは「オペレーティング システムの起動処理の速度が向上」するためなので、必要でないストレージドライバを最初から有効にした場合にはOSの起動速度に影響を与える、すなわち遅くなる可能性がある。その点は注意されたい。

ということで、マザーボードを変更することになった場合は気をつけましょう!

おあとがよろしいようで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTRAVELINGをフォローしよう!

関連記事

  1. MacType

    Windows

    「MacType」 WindowsでMac並のフォントを手に入れよ!

    初めてMacを手に入れたのが4年前。やっぱり思ったのが「Macのフォン…

  2. Windows

    Windows超速Tips!Tempファイルを「RAMディスク」に割り当てよう!

    最近はメモリの値下がりも激しく、安価で8GBにしたり12GBにしたりす…

  3. Windows

    Cドライブの空き容量が少ないときはユーザフォルダを別ドライブに移動しよう!

    Windowsをお使いの皆様こんにちは。音楽や写真やなんやかん…

  4. Mac

    「f.lux」はあの「Jins PC」要らず!ディスプレイのブルーライトをカットして目に優しいPCラ…

    「ブルーライト」この言葉は「JinsPC」が発売されてから一躍有名にな…

  5. Windows

    “細部までこだわったブラウザ”「Sleipnir5」(Windows版)がリ…

    そういえばInternet Explorer6から最初に乗り換えたブラ…

  6. Windows

    Windows Update後の自動再起動を無効にする方法

    Windowsの脆弱性を修正するプログラム等が提供されるWindows…

コメント

    • Satoshi Kusuhara
    • 2014年 6月 06日

    すみません これって 交換する前に 0にしてもいいんですかね?

      • saiut
      • 2014年 6月 06日

      はい、問題ありません!

      僕の場合は、マザーボードを入れ替えたらこの現象が起こって調べたという経緯があるので、回りくどい感じの説明になってしまってます。

      ですので、
      1.前マザーボードでこの記事の設定を行う
      2.マザーボードを入れ替える
      3.新マザーボードで正常に動作する!

      という流れが一番キレイですね。

        • Satoshi Kusuhara
        • 2014年 6月 07日

        丁寧にありがとうございます!

    • そうですね、交換する前に0に設定してもらってもOKですよ!

    • Hirayu Masaki
    • 2014年 10月 02日

    こんにちは、マザボを交換しようとこの記事を見つけました。

    また、交換した際はレジストリの値は戻さなくてよろしいのですか?

    • ありがとうございます!
      新しいマザボで起動後、レジストリはそのままでOKですよ!!

    • kei
    • 2014年 12月 01日

    すいません、これって
    交換したあとにレジストリを戻すとどうなりますか?

    • うーん、どうなるでしょう。。。
      やってみてないのでわからないですね。

    • Yuki
    • 2016年 11月 29日

    Aliide.sysがありません

    • なかったらないままでOKだと思います!
      レジストリは個人ごとに少し違ったりするので。

  1. 2016年 6月 29日

最近の記事

撮影した写真

www.flickr.com
  1. Windows

    マザーボードを交換するとOSが起動しなくなるから注意!その原因と対策をご紹介。
  2. 飛行機

    関西国際空港でLCCのPeachは第2ターミナル発着!地味に遠いから気を付けまし…
  3. 飛行機

    梅田から関空までわずか1000円!「関空ちかトク切符」を使え!
  4. 出張

    1ヶ月に約20日は出張に行っている僕が気をつけること。〜モノ編〜
  5. Mac

    注意!WindowsのNTFSフォーマットHDDはMacじゃ使えない!?解消方法…
PAGE TOP