iPhone Tips

容量の大きなiTunesのiPhoneバックアップファイルは別ドライブへ移動しよう!(Windows版)

最近SSD(64GB)を使い始めました。速くなったと思います。
SSD自体はCドライブ(システムルートドライブ)に使用しています。

64GBしかないので、出来るだけCドライブには何も入れないようにしていますが、何故かCドライブの残り容量が少しだけになっていました。

正体はiTunesを介して行うiPhoneのバックアップファイル。7GBぐらいありました。

別ドライブにバックアップしようにも、iTunesにはその術はありません。

ということで、Windowsに搭載されている「シンボリックリンク」という機能でiPhoneのバックアップを別ドライブに行う方法をお伝えしたいと思います!

SPONSORED LINK

iPhoneバックアップファイルの場所は?

1
▲iPhoneをバックアップしてるの図

2
▲バックアップするとCドライブが死に掛けな図

バックアップすると、Cドライブがみるみるうちに減っていきました。

まず掴んでおきたいのがiPhoneバックアップファイルの作成先です。

3
▲ここ。「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync

こんな場所にバックアップされています。
ちなみに「AppData」フォルダは隠しファイルとして普段は見えないようになっています。
隠しファイルの表示方法はこんな感じ。

12
▲適当なフォルダを開き、Altを押すとツールバーが表示されるので、[ツール]-[フォルダーオプション]を選択。

14
▲[表示]タブから「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示する」にチェックを入れればOK。

さて、隠しドライブが見えるようになり、バックアップファイルの場所は掴んでいただけたでしょうか。
次から実際にバックアップファイル先を変更したいと思います。

mklinkコマンドを使おう!

まずは移動先のフォルダを作る必要があります。
僕は、D:\iTunesフォルダにiTunesの全てのファイルを保存しているので、そこに「MobileSync」というフォルダを作りました。

13
▲音楽の保存先等はiTunesから変更可能。なぜバックアップのファイルの保存先も変更出来ないかは謎。

4
▲それっぽい名前「MobileSync」。別にフォルダ名は何でもOKです。

次にコマンドプロンプトを開きます。
Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、「cmd」と打ってして実行すればOK。

6
▲ディレクトリ移動の図。

cd C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」とコマンドを実行します。
ユーザ名は自分の使用しているユーザ名を入れてください。

このコマンドは、「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」というフォルダで何かを実行しますよーという意味です。
コマンドを実行する場所を移動しました。

7
▲ジャンクション!

そして「mklink /j backup D:\iTunes\MobileSync」というコマンドを実行します。

「ジャンクションが作成されました」と表示されたらOK。

ジャンクションってのは見せかけている、というイメージ。シンボリックリンクはジャンクションよりグレードアップした機能を持っている。
iTunesは[C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync]に対してバックアップしているのだけど、実際は[D:\iTunes\MobileSync]に対してバックアップしているってこと。

8
▲ジャンクション作成後。ショートカットのごとくbackupフォルダがある。

全ての準備は整った

10
▲バックアップすると、D:\iTunes\MobileSyncにバックアップされている。

11
▲これでCドライブが圧迫されることはないから安心。それでも6GBしかないけど・・・

iTunesでバックアップすると、ちゃんとDドライブにバックアップファイルが保存されました。
ちなみに、Cドライブから先ほどのバックアップファイルを見に行くと、ちゃんとCドライブに保存しているように「見えて」います。

15
▲iTunesにはCドライブからバックアップファイルを作ってるように見えてる。

おあとがよろしいようで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTRAVELINGをフォローしよう!

関連記事

  1. iPhone Tips

    iOS8.4のミュージックでシャッフルやリピートを設定する

    iOS8.4がリリースされました。目玉はもちろん「Apple Mu…

  2. iPhone Tips

    iOS7でなぜか消えない「通知センターにある未確認の不在着信」の消し方!

    iOS7の通知センターに「未確認」というカテゴリが増えました。その…

  3. iPhone Tips

    iTunes Storeの認証台数「5台」を超えたときは認証を解除しよう!

    コンピュータの認証と認証解除は、iTunes Store で購入した …

  4. iPhone Tips

    管理が面倒な取扱説明書はiPhoneに入れて「簡単管理!簡単取り出し!」しよう!

    デジタル機器が不調だったり、この設定はどうするんだろう?というとき、取…

  5. iPhone Tips

    Lightnigケーブル(ライトニングケーブル)で上手く充電出来ないなぁと思ったら掃除してみよう!

    最近、純正のLightningケーブルで充電が上手く行かないことが増え…

  6. iPhone Tips

    「ウェザーニュース」で起動時の画面を思うがままにしよう!

    梅雨のときは雨が降るかどうか、あらかじめ確認したいですよね。天…

コメント

    • sss
    • 2014年 9月 12日

    コマンドプロンプトで「すでに存在するファイルを作成することは出来ません」とでて、ジャンクションが作成されません。
    どうしたらいいのですか?

      • terusurf
      • 2014年 9月 26日

      C:Usersユーザ名AppDataRoamingApple ComputerMobileSyncにbackupファイルがあります。それを消す必要があるみたいです

      • すみません、代わりにご回答して頂きありがとうございました。。

        >sssさん

        記事でいうところの「D:\iTunes\MobileSync」フォルダをどこにジャンクションするか?ということなので、その場所(iPhoneのバックアップファイルがある元のディレクトリ)にフォルダがあれば「既にあるやん」ってことで怒られてしまいます。

        tesusurfさんのおっしゃる通り、その「既にあるやん」という[C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync]フォルダを消せばOKです。

        バックアップファイルを消したくない場合は、[C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync]内にあるファイルをどこかに一時退避し、ジャンクション後に「D:\iTunes\MobileSync」内に置けばOKなはずです。

最近の記事

撮影した写真

www.flickr.com
  1. Mac

    注意!WindowsのNTFSフォーマットHDDはMacじゃ使えない!?解消方法…
  2. Windows

    マザーボードを交換するとOSが起動しなくなるから注意!その原因と対策をご紹介。
  3. 飛行機

    梅田から関空までわずか1000円!「関空ちかトク切符」を使え!
  4. 出張

    1ヶ月に約20日は出張に行っている僕が気をつけること。〜モノ編〜
  5. 飛行機

    関西国際空港でLCCのPeachは第2ターミナル発着!地味に遠いから気を付けまし…
PAGE TOP